FX取引を始めてまだ1年にも満たない初心者で、最初のうちは熱くなって損失が膨らむと取引枚数を増やして少しでも取り戻そうとしたことが何度もありました。
2000円の含み損を確定させて、頭にきて取引可能枚数の上限ぎりぎりで取引して3000円利益をあげた時は歓喜をあげるくらいでした。
そんなスキャルピングスタイルでずっと取引していたのですが、やはりそれでは勝てないと思い、中長期的な運用を考えてとスイングトレードをしたことがあります。

最初のうちは取引枚数も1000枚通貨から始めたのですが、0.5銭の値幅で500円も損失させてしまいさすがにどこかで反転するだろうとナンピン買いをしていました。
外貨預金よりは手数料に当たるスプレッドが極端に小さいし、ちまちまと稼げるだろうと最初のうちは気楽になっていたのですが、やはりレートが気になって仕方がなく度々アプリを起動させて確認して、含み損が多くなってくると焦りだしてきました。
ナンピン買いして利益を確定させたこともありますが、損失を被るときはあげた利益がわずかなのに対して、損失は膨大なものになるというものでした。

結局、スキャルピング時代と同様チャートの動きが気になって仕事に集中できなかったためこのやり方は向かないと思いました。
一番最初に掲げた外貨預金感覚でというスタイルを貫けばよかったのですが、ちょっとした値動きで不安になる心配性な私には向きませんでした。